So-net無料ブログ作成

やっと手に入れた!安眠生活!⇒ トゥルースリーパー プレミアム

プロ野球・広島優勝!25年ぶりだって!?逆風に耐えた球団の努力って? [スポーツ]

広島が25年ぶりの優勝を果たすまでには、長い低迷期があった。

逆風に耐えた球団の努力、発掘、育成の方針崩さず、ようやくプロ野球・広島優勝!

先輩~どうして広島が勝てたんですか?

すごい! 広島カープ (PHP文庫)
すごい! 広島カープ (PHP文庫)
1993年オフに導入されたフリーエージェント(FA)制度、ドラフトで有望な大学・社会人選手が入団したい球団を選ぶ逆指名制度(2001〜04年は自由獲得枠、05、06年は希望入団枠)が大きな影響を及ぼしていた。
 一定の出場選手登録期間を満たした選手が各球団と自由に交渉する権利を得るFA制度で川口和久、江藤智、金本知憲、黒田博樹、新井貴浩ら主力が相次いでチームを去った。一方で広島のFA選手獲得はゼロ。10年オフには横浜からFA宣言した内川聖一の獲得争いでソフトバンクに敗れた。
 契約金や年俸以外に多額の金銭が動いたとされる逆指名ドラフトでは、その年の目玉と言われる選手獲得が難しくなった。広島は12球団で唯一、親会社を持たない独立採算であるため赤字経営は許されない。潤沢な資金や人気球団が有利な制度は強烈な逆風となった。
 松田元オーナーは「そのシステムの中でも自分たちのやり方で対抗できると思っていた」と語る。ドラフトでは磨けば光る素材の発掘を基本に戦略を立てる。2006年の高校生ドラフトでは田中将大が注目された中、「田中と同じレベルの評価」(鈴木清明球団本部長)の前田健太を一本釣りで1位指名した。
 入団後は豊富な練習量で鍛え上げる。今年のメンバーには、4年目の11年から1軍に定着した丸や今季の打撃各部門で上位につける22歳の鈴木、6位指名から抑えの座をつかんだ中崎ら高卒選手が名を連ねる。全国的には無名の中京学院大から入団した菊池は攻守で不可欠な存在となった。外国人選手のスカウト力も看板の一つと言える。
 発掘、育成を柱とした地道なチームづくりを経て、13年に野村監督の下で16年ぶりのAクラスとなる3位に入った。その後も上位争いで辛酸をなめながら地力をつけ、ようやく開花の時を迎えた。 

時事通信社
http://news.biglobe.ne.jp/sports/0910/jj_160910_3015994080.html


小雪 「広島、苦労したんですね~」

先輩 「地道な努力がいつか実を結ぶって証明してくれたね・・・しみじみ」

小雪 「先輩も頑張りましょう!」

先輩 「いや・・・あなたこそ育成の対象ですけどねΣ(・∀・;) 」

小雪 「いやいや・・・え~っと、あ!これ広島でじっくり育成されたモノなんですよ?一緒に飲みましょっか!」

   ↓   ↓




先輩 「ま、いいか(*´ω`*)飲も飲も!」



タグ:広島優勝
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

seo great banner

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。